脂質の種類

西新宿プライベートジム

加圧スタジオamoあおきです!

 

 

前回のブログ『摂っていい油とは?』では脂質について簡単に

説明しました。

今回は脂質の種類について説明していきますね。

 

脂質には脂質を構成する成分として脂肪酸というものががあります。

この脂肪酸が脂質の質を決めることになるのですが

脂肪酸には種類があり

【飽和脂肪酸【不飽和脂肪酸

に分けられます。

さらに、不飽和脂肪酸は【一価不飽和脂肪酸】【多価不飽和脂肪酸】に分かれます。

中でも多価不飽和脂肪酸は必須脂肪酸と呼ばれ

健康維持や成長の為に必要とされています。

【多価不飽和脂肪酸】【n-6系】、【n-3系】に分かれています。

 

 

 

脂肪酸分類

【飽脂肪酸】肉や乳製品などの脂肪に多い脂肪酸です。摂りすぎるとコレステロール、中性脂肪増加。動脈硬化などの原因にもなる。

【一価不飽和脂肪酸】オリーブ油、キャノーラ油などに多く、血中のコレステロールを減らす。

【n-6系脂肪酸】ごま油、ひまわり油など普段摂取している油のほとんど。摂りすぎるとアレルギーの原因にもなる。

【n-3系脂肪酸】エゴマ油、しそ油、亜麻仁油、青背魚など。高血圧予防効果、抗血栓作用、血中脂質のバランスを整える。

 

 

飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸(n-9系)は体内でも合成できるので、必ずしも食事から摂る必要はありません。

摂取する場合でも当然摂りすぎは要注意ですね。(健康のためにも)

n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸は体内で合成できないので食品から摂らなくてはいけません。(必須脂肪酸)

n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸の摂取の割合は4:1が良いとされています。しかし、現在の食生活では、 

n-6系脂肪酸が過剰摂取されてると言われています。なるべくn-3系脂肪酸を多く摂取していくことが大切です。

酸化しやすいという特徴があるので加熱する料理では使わず、サラダなどに利用すると良いですよ。

私は、食べれるときにイワシやサバなど青背魚を摂るようにしてるのと、ドレッシングや、マヨネーズはあまり使わないようにしてます。最近は牛乳もほとんど飲まないですね。

コンビニ食にも油は意外と使われてるのでコンビニの利用も必要最低限って感じです。まずは油を使った料理は1食で1品程度を意識してみてはどうでしょうか?

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中