外食が多い人が脂肪を落とすには?&外食の肉のはなし

西新宿プライベートジム

加圧スタジオamoあおきです。

 

外食が多い人が脂肪を落とすには?

 

まず、全体の摂取カロリーがどのぐらいか把握することが大事だと考えます。

外食が多いと基本的に摂取カロリーが多くなってしまいます。

いくらダイエットはカロリー計算だけではないといっても

一日に必要なカロリーを大幅に超えてしまっては痩せるのは無理です。

 

次に、トレーニングの頻度を上げる必要があります。

これは、きついトレーニングを増やすということではなく、

週に2回なら2回、3回なら3回と決めて定期的に身体を鍛える日を作ることで

筋肉の合成に栄養素を使うということです。

 

しかし、外食に頼らない環境にするのが一番有効ですし、

ファミレスや、居酒屋、コンビニなどの食品には注意が必要です。

 

現代では炭水化物メインの食事が多いので、炭水化物過多の傾向があります。

炭水化物過多では脂肪をため込みやすくなるので、なるべくタンパク質多く摂ろうと意識すれば、肉を食べることが一番に思いつくでしょう。

しかし、外食の肉は安易に食べないほうがいいかもしれません。

 

なぜなら外食で出されている肉は成形肉が使われていることが多いからです。

成形肉に使われるのは端肉や内臓肉でドロドロの状態から、リン酸塩を結着剤として使い

肉の形にしていきます。リン酸塩を使うと肉がジューシーになりかさ増しにもなります。

 

さらに、端肉や内臓肉は味がなく食感も悪いので植物性たんぱく乳タンパクなどを注入し

て肉を柔らかくし、食品添加物で味をよくしたり色をつけたりととても不自然な加工ですよね。

 

成形肉ではないとしても、ホルモン注射を大量に打たれ、脂肪分を増やした牛や豚かもしれませんし、どんな餌を食べたかも分かりません・・・。

外食の肉というのはどんな肉なのかが分からないので、安心して食べれるかというと疑問です。

実は、成形肉かどうかが分かる方法があるのですが、

注文してから確認して、成形肉だったら食べれなくなると思うので

最初から、チェーン店や価格が安すぎるお店などには入らないほうがよいかもしれませんね。

 

成形肉かどうかを見分ける方法はスタジオでお教えしますので、

興味のある方は聞いてくださいね。

 

しかし、この手のはなしは枝葉末節になりがちです。

外食がダメかとかコンビニはダメかとか、何がダメかなど聞く前に

自分が食べるものがどうやってできているとか、調べる癖をつけることが大事ですね。

 

本来食べるということはどういうことなのか?

人間が生きていくためには何を食べるのが自然なのか?

あまり深く考えすぎてもよくないですが、

せめて『いただきます』と心から言えるものを食べるようにしたいですね。

 

 

 

 

体験トレーニング受付中です!

(ただいま夜8時以降の新規募集を制限しております。)

お問い合わせ、ご予約はこちら

TEL  03-6811-2545 

ホームページはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中