食べながら痩せるために必要な栄養素とは?

西新宿パーソナルトレーニングスタジオamo

青木です。

 

健康のために野菜をしっかりとっています!とよく聞きますが、

あなたにとって本当に足りてない栄養素はタンパク質なのかも

しれませんよ?

 

タンパク質摂れてますか???

 

今日は、ダイエットにも、筋肉をつけるにもとっても大事な栄養素タンパク質について

しっておきたい3つのポイントをご紹介します!!

 

 

  1. タンパク質を知るべし!
  2. 必須アミノ酸を摂るべし!
  3. プロテインスコアを知るべし!

 

 
【タンパク質を知るべし!】

人間の身体の水分を除いた7~8割がタンパク質で構成されていると言われています。

それだけにタンパク質は身体を作る上で非常に大事な栄養素です。

タンパク質は貯蔵ができないので、毎日取る必要があります。

 

また、人間の身体は新陳代謝により日々作り変えられているので

そのためタンパク質の摂取は体重1kgあたり1gは摂りましょうと言われています。

どういうことかというと50kgの人は50gのタンパク質を摂取してくださいということです。
これは、含有量が50gということであって、肉を50g食べれば良いということではありませんよ。

体内のタンパク質が少ないと、内蔵や細胞、酵素などを作る材料が足らず、

筋肉から必要な材料をとるために、筋肉がやせ細るということが起きてしまいます。

 

筋肉が落ちれば、太りやすい身体になってしまいますし、

せっかく筋肉をつけようとトレーニングしていても、

筋肉を成長させる材料がなければ筋肉がつくどころではありません。

 

 

【必須アミノ酸を摂るべし!】

 
アミノ酸には体内で合成できない9種類の必須アミノ酸と、

体内で合成できる11種類の非必須アミノ酸があります。

これら20種類のアミノ酸がさまざまな結び付きにより

髪、爪、肌、筋肉、血管などなど、身体を作る材料になります。

 

必須アミノ酸:イソロイシン・ロイシン・バリン=(BCAA)・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・ヒスチジン

非必須アミノ酸:アラニン・アスパラギン・アスパラギン酸・システイン・グルタミン・グルタミン酸・グリシン・プロリン・セリン・チロシン・アルギニン

 

必須アミノ酸の中でもBCAAは筋肉の合成には欠かせない栄養素なのでトレーニング前後に摂取するのがよいとされています。

同じタンパク質でも、必須アミノ酸が少ない食品だと必要なアミノ酸が摂取できず、身体をつくる材料が不足してしまうことになります。

タンパク質なら何食べても変わらないということではなく、いろんな種類のものを摂取する必要があるのです。

そこで目安になるのが次のプロテインスコアというものです。

 

 

【プロテインスコアを知るべし】

 

プロテインスコア

大豆などの植物性食品だけでタンパク質を摂ろうとすると

プロテインスコアは低くなります。

特に、メチオニンとリジンという必須アミノ酸が足らないので

あまりお肉や魚を食べないという人は、タンパク質が足りてないと言えるのです。

このことから、以外にタンパク質を体重1kgあたり1g摂取するのは難しいことかもしれません。

筋肉をつけようと思ったら、さらにタンパク質が必要になるので、意識して摂らなければ

全然足りてないという状況になるでしょう。

ダイエット中でもお肉や魚、大豆製品を積極的に食べることが大事になってきますね。

 

 

 

【しかし、胃の働きが悪いと無駄に!!】

 

いくら、タンパク質をたくさん摂取していたとしても、

胃の働きが落ちていると無駄になってしまうこともあります。

 

胃の働きとして特に重要なのが、タンパク質の消化です。

タンパク質は分子量が多く、アミノ酸が50個以上連なったものです。

それが胃で分解されアミノ酸になり小腸で吸収されます。

 

胃の働きが悪いと、タンパク質の消化がうまくいかず、アミノ酸まで分解

される率が低下し吸収ができないことになります。

 

胃のはたらきについてはまた後日ブログに書きたいと思いますが、

カフェインの摂り過ぎや、刺激物の摂りすぎなどで胃が老化することもあるので

思い当たるという方はご自分で調べてみてくださいね。

 

人の身体は複雑な働きにより作られていますし、さらには個体差も当然あります。

自分はどういう弱点があるのかということを知るには、親や、兄弟の特徴などを

観察してみるのも良いと思いますね。

参考にはなると思いますよ。

 

それでも、全く同じではないので自分の特徴を少しでも知り、必要な栄養素はなんなのか

探してみてくださしね。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ではまた!

 

パーソナルトレーニングスタジオamo

青木

 

 

 

 

当スタジオセッションではボディメイク、身体の使い方、コンディショニングなどを行ってます。

自分の身体を本気で変えたい!

スポーツや日常の動きをもっと上手になりたい!

身体の状態をもっと良くしたい!

かっこいい身体にしたい!

こんな思いを持っている方とセッションできれば幸いです。

興味のある方はお問い合わせください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

体験トレーニング受付中!

(ただいま夜8時以降の新規募集を制限しております。ご了承ください。)

お問い合わせ、ご予約はこちら

(必要事項に記入の上送信してください。ご連絡いただいて24時間以内に返信いたします。

返信がない場合は、予約フォームからの受信ができてない場合がございます。

その際は大変お手数ですが、再送信お願いいたします。)

☆電話での予約

TEL  03-6811-2545

広告

外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その3~

西新宿プライベートジム

パーソナルトレーニングスタジオamo

あおきです。

 

いよいよ今回は

外食だけの生活でも太らない8つのコツ

最後の一つです。

 

ここまでの内容は下のリンクからどうぞ!

 外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その1~

 外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その2~

 

 

最後のコツは何かというと

 

 

 

 

 

 

⑧運動で汗をかいてデトックスをする

 

です。

ここにきて結局運動するのか!?

と怒られそうですが、最低週に一回

大汗かくことをおすすめします。

 

運動でなくてもサウナなどで

汗をかくというのでも良いとは思いますが、

なにしろ現代人は動かなすぎなので

できれば、体を動かすことで汗をかきたいですね。

 

外食ばかりの生活で栄養素のバランスが偏る

ことなどが懸念されますが、そのまえに、

食品添加物や、農薬、抗生物質、ホルモン剤、

トランス脂肪酸、人工甘味料などの

毒が体に入っている可能性が高いと

考えます。

 

毒素の解毒は腎臓や肝臓がおもに行いますが

脂肪の代謝などにも関わるので、

解毒に内臓が使われていると、脂肪がつきやすくなる

ということを覚えておいてください。

(ちなみにアルコールの解毒も肝臓で行われますよ。

飲み過ぎの方は要注意です。)

 

 

 

もちろん、お店を選びこれらの毒を

摂らないようにすることが日頃から

必要で、そうなると外食することは

自然と少なくしなければいけないのですが、

 

今回は外食ばかりの生活を仮定してのお話なので

どうすればよいのかと言われれば

『汗をかいてください。』

ということになります。

それと同時に脂肪を燃焼させることが

大事になります。

 

なぜかというと

これらの毒はおもに脂溶性だからです。

その結晶は脂肪細胞の中に残留してるので、

水を大量に飲んでもこれらは代謝されたり

排毒されたりしません。

尿だけでは排出されにくい毒なのです。

 

 

 

実はわたしも、まだこの仕事につく前サラリーマンだったころ

この毒にやられて、えらい目にあったことがありました。

 

毎日、コンビニ弁当やカップラーメン、菓子パンなど

を安いからと言いってお昼に食べてた頃がありました。

88円のカップラーメンやカップ焼きそばなどを5日分まとめて

買ったりしてました。たしかに一週間の食費はめっちゃ抑えられましたが

今考えると、そんなことして身体壊してたら意味ないでしょって

思います。

 

当時も野球をやっていたので、最低週に一回はしっかり

運動して汗をかいていましたが、あるときから

半年ぐらい野球ができない環境になりほとんど

汗をかかなくなったとたん、体中に湿疹ができ

(これは毒がたまりすぎて、皮膚から出てきてしまったと

考えられます)精神的にも病んでしまった時期がありました。

 

仕事や職場の人間関係などのストレスも重なり

(おそらく、良い食事をしていたらこのストレスも回避できたかも

しれないと今は思ってますが)

結局その会社はやめることになりました。

 

当時は、食のことについて全く無知だったので、

皮膚科に行って薬をもらったりしてました。

ステロイドをぬっても何の解決にもならないどころか

さらに悪化する可能性すらあることも知らず・・・。

 

あっ、話が少しそれてしまいましたが、

そんなこと言っても、そもそも運動が

嫌いなんですよー!と

おっしゃる方もいると思います。

 

わたしも、筋トレや走るのを何の目的もなく

やることは絶対できないと思います。

なぜやるかというと、自分のパフォーマンスができないと

スポーツが楽しくなくなってしまうからですね。

 

 

ただ痩せたいから、汗かかなくちゃいけないから

という理由で運動をするのは絶対無理があると思います。

 

楽しいと思えるうものを何か

見つけられないでしょうか?

 

 

ウォーキングも友達と話しながらとか

自然の中で歩くとか、無理にやらなくては

と思うのではなくて、自然に楽しめるものが

何かあると思います。

 

 

楽しくなければ続けられないものですから運動は。

ぜひ一週間に一回は大汗をかいてデトックスしてみてください!

 

 

外食だけの生活でも太らない8つのコツ

~まとめ~

揚げ物は食べない

②ラーメンやカレーなどの炭水化物のみのメニューを注文しない

③お腹いっぱい食べない

④ビールは1杯そのあとは蒸留酒

⑤飲んだ次の日の朝は食べない

⑥よい塩を摂る

⑦お菓子は食べない

⑧運動で汗をかいてデトックスをする

 

 

いかがでしたか?

あなたが外食する時と比べて

どう違いましたか?

参考になれば幸いです。

 

 

さて、現在わたしは12月に行われるハーフマラソンに向けて

マラソンの練習を始めました。

マラソン初心者のわたしがパーソナルトレーナーとして

の知識を使って3ヶ月でどれぐらい走れるようになるか?

このブログでもお知らせできればと思います。

楽しみにしててくださいね!!

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

体験トレーニング受付中です!

(ただいま夜8時以降の新規募集を制限しております。ご了承ください。)

 

お問い合わせ、ご予約はこちら

(必要事項に記入の上送信してください。ご連絡いただいて24時間以内に返信いたします。

返信がない場合は、予約フォームからの受信ができてない場合がございます。

その際は大変お手数ですが、再送信お願いいたします。)

 

☆電話での予約

TEL  03-6811-2545

(セッション中は電話に出れないことがあります。)

 

ホームページはこちら

外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その2~

西新宿プライベートジム

パーソナルトレーニングスタジオamo

あおきです。

 

前回のブログ(外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その1~)

外食だけの生活をしていたにもかかわらず

体脂肪が増えてませんとお伝えしました。

 

今回も私が自然と実践してる外食でも太らない

8つのコツの続きを教えちゃいますよ!!

 

 

③お腹いっぱい食べない

 

みなさんお腹いっぱい食べるのが当たり前になってませんか?

腹八分目がいいと分かっているのに

食べ物を目の前にするとお腹が膨れるまで

ついつい食べてしまう・・・。

お腹いっぱいにすることよりも、必要な栄養素を摂ることに

意識を持っていければかなりのもの。

そこまでいかなくても、今食べてるものが

何なのかということは知っておきたいですね。

 

たとえば、外食でご飯をいつも大盛りにしていたり

必ずもう一品多く頼んでしまったり

コンビニ食品はおすすめしないのですが

(私は一切食べません。)

コンビニ弁当だけだと足らないといって

なにか他のものをセットで買うことが

当たり前になってませんか?

 

基本外食は味付けが濃くなっていたり

高カロリーのものが多かったりするので

もう一品足すことはしなくて良いと思います。

(もちろん身体の大きさや、人によりますが)

 

そもそも三食たべなくてもいいぐらいですから

トータルでどれだけ何を食べてるかを考えて

選択してほしいと思います。

 

何も考えず食を選ぶとだいたい脳の欲する

ものばかり選んでしまいますし、パターン化して

栄養が偏ります。

 

人の身体は食べたものを吸収してできています。

自分の身体に必要なものを選んであげることが

身体にやさしい食べ方ですし、病気や不調に

ならないコツです。

 

 

 

 

④ビールは1杯そのあとは蒸留酒

 

毎日のように飲んでるという方も多いかもしれません。

基本的に痩せたいと思う場合はアルコールを控えてほしい

ところですが、つきあいなどで飲まなければいけないことも

あるでしょう。

 

わたしも、今回外食ばかり食べていて毎回ビールが

飲みたいって思いました。

夏ということもありますし、癖になるとなかなか止められなくなるのが

アルコールです。

そんなときでもビールを一杯だけにして、二杯目以降はハイボールや焼酎、ウイスキー

などの蒸留酒を飲むようにしてます。

 

 

飲むなら糖質の少ないお酒を飲むことですが、

アルコールの分解に肝臓が使われ、体内の酵素も使われてしまうので

飲まなくてすむなら飲まないほうが絶対いいです。

 

 

さらに、分解にはビタミンB群や亜鉛、マグネシウムなど

のビタミンやミネラルをかなり消費します。

エネルギーの代謝や身体づくりに必要な栄養素なので

本来必要な時に体内にない状況になると

太りやすくなってしまうわけです。

 

ちなみに、カロリーゼロや糖質ゼロを飲んでれば大丈夫だと

思うかもしれませんが、それらは人工甘味料などが含まれています。

糖質ゼロなのになんで人工甘味料が使われてるの?と

思うかもしれませんが、

日本国内で販売される食品は、健康増進法の栄養表示基準に基づいた栄養表示ができます。

炭水化物・糖類・糖質がゼロと表示できるのは、
100g(飲料は100ml)あたり0.5g以下の場合。

つまり、

糖類が100g(100ml)あたり0.5g以下なら糖類ゼロ無糖ノンシュガーシュガーレス

糖質が100g(100ml)あたり0.5g以下なら糖質ゼロ

などの表示ができるわけです。

栄養成分表示でも0gと表示されます。

 

人工甘味料については砂糖の何百倍の甘さのものであったり

安全性に疑問があったり、インスリンも分泌してしまうなどと

いうこともあり脂肪をより多く蓄積するようになるのとも言われているので

おすすめはできません。

 

糖質が少ないものを選び、次の日まで残ってしまうほど飲むのは

控えるといったところでしょうか。

 

 

 

⑤飲んだ次の日の朝は食べない

 

飲んだ次の日の朝はお腹がすいてどうしようもないときを除き少し時間をおくようにしてみましょう。

ついくせでお腹がすいていないのに食べてしまってませんか?

飲みの席ではだいたい思っているよりたくさん食べてしまってることが

あります。

 

しかも、揚げ物が多かったりしめにラーメン食べたりしてるのなら

なおさら食べなくていいですね。

肝臓だけでなく胃にも負担をかけてるということを覚えて

おかなくてはいけません。

 

さらに、安いチェーン店の居酒屋などのメニューには

食品添加物どっさりのものやどこで作られたものか分からないもの

など正直毒が多く含まれていることがあります。

 

 

それらを解毒することにも内臓の機能を使ってるので

そこにまた、ものを食べることによって内臓の負担を

増やしてしまうことになります。

正常な働きに戻すにはプチ絶食が必要です。

 

これは飲んだ次の日に関わらず、定期的にできる

簡単なデトックス法です。

 

毎日決まって3食たべなければいけないということはないですし、

栄養素の低いものをや糖質の摂りすぎが原因でたくさん食べなければ

満足しない身体になってる可能性もあります。

 

まあ、自分が口に入れるものについてはもっともっと

よく考えて判断する癖をつけていきましょう。

 

 

 

⑥よい塩を摂る

 

市販の塩は本当の塩ではないことを知ってますか?

化学的に精製された精製塩で本来天然の塩に含まれる

カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが取り除かれていて

主に塩化ナトリウムだけしか入っていないものになってます。

これだと体内のミネラルバランスが崩れやすくなってしまうんですね。

 

 

中医古書には、様々な塩の使い方が「神薬」、「霊薬」として伝えられていて

そのなかでも比較的新しい書物『神方薬』では塩の効能を次のようにあげています。

 

1.浄血作用:血をきれいにする

2.解毒作用:体内の毒素を除去する

3.消炎作用:炎症を治す

4.生新作用:破壊された細胞を速やかに回復させる

5.抗菌作用:悪玉菌をはねつける

6.調圧作用:血圧や体重を調節する

7.強壮作用:機能を強化し、体力を増強する

 

これらをふまえても良い塩を摂るということは

個人的には大事なことだと考えます。

 

 

詳しいことは下のリンク先を参考にしてみてくださいね。

塩を摂らないとどうなるか?http://50goen.com/sioganaitoblankpage.html

なぜお塩なのか?http://50goen.com/oasihataisetux.html

 

 

 

⑦お菓子は食べない

 

外食ばかりの食事をしてて、さらにお菓子を食べてたらそりゃ痩せません。

しかもスナック菓子や甘いもののほとんどにトランス脂肪酸が含まれています。

 

トランス脂肪酸は人工のもので、自然には存在しない脂肪です。

動脈硬化や心臓疾患や様々な病気の原因になり、

悪玉コレステロールを増やすともいわれています。

 

日本では禁止されていませんが、海外では規制や禁止されている

国が多くある油なんですよね。

 

お菓子には、マーガリンやショートニングなどと表示されています。

また、植物油脂と表示されているものにはトランス脂肪酸が含まれてると

私は判断しています。

 

あっ、ちなみにコンビニのパンに植物油脂が使われていないパンは

ありませんねぇ。

コンビニや、スーパーのパンはお菓子だと言っていいぐらいなものなので

食事として認識している場合はその認識を変えることからはじめないといけませんねぇ。

 

 

こうなってくると太る太らないとかいう問題ではないですよね。

とくに、お菓子は何も知らなければ子供に安易に与えている人も

多いでしょう。

3時のおやつなどと言って、毎日あたりまえのようにお菓子を

食べさせてはいけません。

 

 

それと、疲れると甘いものがほしくなるとか、脳には甘いものが必要だから

とか言って食べてるかもしれませんが、それはただ低血糖を起こしてる

だけかもしれませんよ。

 

基本的に、甘いものを食べると血糖値が上がり、それを元に戻すために

インスリンが分泌するのですが、甘いものはGI値が高いので、急激に血糖値が

あがってしまいます。

急激に上がると、インスリンが大量に分泌しすぎてしまい、血糖値を下げ過ぎて

しまうということになります。これが低血糖を起こしている状態です。

 

低血糖になれば血糖値をまた上げたくなるので、甘いものを欲するという

悪循環に陥ります。

 

日常的に甘いものがほしいと思う人は、糖質を一度断つことをお勧めします。

 

毎日アイスを食べるとついつい食べたくなってきますが、それを完全に止めることで

食べたくなくなってきます。

ということは、お菓子や甘いもの、アイスなどを食べれる環境にしないということが

大事です。なければ食べれませんからねぇ。

あると食べてしまうそういうものです・・・。

 

 

 

さて、外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その2~いかがでしたか?

いよいよ残すところあと一つになりました。

あと一つは何だと思いますか?

考えてみてください。

 

次回最後のコツを紹介しますので

お楽しみに!!

それではこのへんで。

 

 

 

 

 

体験トレーニング受付中です!

(ただいま夜8時以降の新規募集を制限しております。ご了承ください。)

 

お問い合わせ、ご予約はこちら

(必要事項に記入の上送信してください。ご連絡いただいて24時間以内に返信いたします。

返信がない場合は、予約フォームからの受信ができてない場合がございます。

その際は大変お手数ですが、再送信お願いいたします。)

 

☆電話での予約

TEL  03-6811-2545

(セッション中は電話に出れないことがあります。)

 

ホームページはこちら

外食だけの生活でも太らない8つのコツ~その1~

西新宿プライベートジム
パーソナルトレーニングスタジオamoあおきです。

 

訳あって一週間外食だけの生活をしてました。

自炊する気が全くおきないというダメダメな状態でした。

独り暮らしをしている方の気持ちがよーく分かりましたね。
夜遅く帰ってからの食事の支度や、朝の食事の支度、はっきりいって面倒くさくてしょうがありません。

わたしはちゃんと自炊してるというあなた、メチャメチャ尊敬いたします!(笑)

こんな外食だらけの食生活でも私体脂肪が増えてません。

 

私が自然と実践してる外食でも太らない

8つのコツを教えちゃいますよ!!

 

揚げ物は食べない

 

何食べたかなって思い出してみると揚げ物を食べてないんですね。

居酒屋や定食屋に行くことはあってもほとんど揚げ物を頼みませんでした。

揚げ物の油はオメガ6なので必須脂肪酸ではありますが、

現代ではこのオメガ6の摂取が多すぎます。

オメガ6は細胞を炎症させてしまったり、血液をドロドロにしてしまう

作用があるので、この脂肪酸の摂り過ぎはよくありません。

 

また、外食で使われる油じたい良い油を使っているとは思いませんし

古い油を使ってることもあるのではないかと思います。

酸化してしまった油は、いくらもとが良い油であっても

身体に悪い影響を与えてしまします。

 

普段から、脂質の摂り方を気にしていて、

なおかつ、良い油を使っている店で食べるには

問題ないでしょう。

 

飲みに行ったら必ず注文してしまうという方は

少し気をつけてみてはいかがでしょうか?

 

 

②ラーメンやカレーなどの炭水化物のみのメニューを注文しない

 

これは普段外食が多い人はなかなか難しいことだとは思います。

今回感じたのはこれらのメニューを外すとほとんど食べるものがない

ということです。

 

 

そもそも、食べるということは身体に必要な栄養素を摂るということなのですが、

炭水化物のみのメニューは栄養素を摂るというよりかは、空腹を満たすとか

エネルギーを摂取してるだけになります。

 

 

必要な栄養素がしっかりとれていれば、お腹いっぱい食べなくても

満足するのですが、これらの食事は栄養素がかたよっているので

身体が満足することなく、満腹感で満足するようになってしまいます。

 

 

またGI値も高く血糖値が早く上がってしまうのでインスリンが分泌しすぎてしまい

逆に血糖値を下げ過ぎてしまうということにもなります。

そうなると、からだは血糖値を上げたくなるのですぐにまた食べたくなってしまう

という悪循環に陥ります。

糖質過多になり脂肪が蓄えられてしまうので、極力避けたい食事ですね。

 

 

わたしが食べるとしたら、トレーニング後とか強度な運動を行った日など

身体を動かしたときにエネルギー不足を補うために食べますね。

残念ですが、毎日外食でこのようなものを食べていると

まず痩せれないと言ってもおかしくないと思います。

 

 

と、まあ2つ書いてみましたが、全部書くと

長くなるので今日はここまでにしておきますね。

続きはまた次回ということで。

それではまた。

 

 

体験トレーニング受付中です!

(ただいま夜8時以降の新規募集を制限しております。ご了承ください。)

 

お問い合わせ、ご予約はこちら

(必要事項に記入の上送信してください。ご連絡いただいて24時間以内に返信いたします。

返信がない場合は、予約フォームからの受信ができてない場合がございます。

その際は大変お手数ですが、再送信お願いいたします。)

 

☆電話での予約

TEL  03-6811-2545

(セッション中は電話に出れないことがあります。)

 

ホームページはこちら

あなたの細胞は元気ですか?

西新宿プライベートジム

加圧スタジオamoあおきです。

 

 

人はなんと60兆個の細胞でできています。

そして、何年かかけて60兆個すべての細胞が新しく生まれ変わると言われています。

何の異常もなく細胞が新しく生まれ変わってくれれば私たちは健康な状態になるのですが、なぜ体調を崩してしまうことがあるのでしょうか?

 

もちろん、ウィルスに感染してしまうと細胞が攻撃を受けている状態なので、体調を崩してしまいます。しかし、細胞が元気な状態であれば、そのウィルスさえ跳ね返すことができます。細胞が元気な状態=免疫力が高い状態だからです。

それでも体調を崩してしまうのは細胞ひとつひとつに必要な栄養が行き届いてないので細胞の機能が低下しているからと言えます。

 

何気なく食べている食事ですが、量やカロリーだけを気にしていませんか?

必要な栄養素をしっかりとることが大事であること、体脂肪を少なくするには脂肪の代謝に関わる栄養素を毎日とらなければいけません。

 

健康とは60兆個の細胞ひとつひとつを元気にすることです。細胞の機能低下を戻すのは『薬』ではなく『食』であるという考え方をしても良いかもしれませんね。

 

もう一度

 

ま・ご・わ・や・さ・し・い

 

の食事を意識してみてください。

細胞の調子を整えてくれるビタミンや、ミネラルがしっかりとれます。

とは言っても普段の食事でとるのはどうしても難しいと思います。その場合はやはりサプリメントをとって不足がちな栄養素を補いましょう。

 

ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛、マグネシウムを摂っておくと良いでしょう。

なるべく天然のサプリメントを選ぶとさらに良いですね。

 

 

体験トレーニング受付中です!

お問い合わせ、ご予約はこちら

TEL  03-6811-2545 

ホームページはこちら

どんな食事をすれば良いのか?

西新宿プライベートジム

加圧スタジオamoあおきです。

 

”和食中心メニューを食べる” 

ということになってきます。

 

和食は比較的バランス良く栄養素が摂れますし、

日本人の体には和食が本来合います。

 

主食にはご飯。

おかずでビタミン、ミネラル、タンパク質を

摂りましょう。

『ビタミン・ミネラル』

緑黄色野菜

人参、南瓜、トマト、ピーマン、ホウレンソウ

海藻類

わかめ、昆布、ひじき、もずく

種子類

ごま、くるみ(マグネシウム、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラル。オメガ3)

きのこ類

いも類

さつまいも、里芋、山芋(カリウム、ビタミンC,ベータカロチン、食物繊維)

 

『タンパク質』 

豆類

豆腐、枝豆、ソラマメ、納豆、味噌汁

さば、いわし、さんま(オメガ3、DHA,EPA)

 

和食のデメリットは塩分が多くなりがちになるので

そこは注意が必要です。

 

逆にNG食品としては

低N/Cレート食品です。

ラーメン、ピザ、焼きそば、カレーライス、スパゲティ、インスタント食品

などなど。

もちろん、毎食和食を食べるというのは難しいと思いますが、

頭に入れておいて、食事の選択をするべきですね。

 

体験トレーニング受付中です!

お問い合わせ、ご予約はこちら

TEL  03-6811-2545 

ホームページはこちら

 

太る原因は・・・?

西新宿プライベートジム

加圧スタジオamoあおきです。

 

太る原因はあたりまえかもしれませんが、

太るような食べ物を過剰摂取してしまう

ということになると思います。

 

『食生活を変えずに運動だけでどうにかする』

『食べる量をとにかく減らす』

という考えは、実は体が変わらない人に多い考え方です。

 

太る食べもの = N/Cレートの低い食べもの

と言えます。

N/Cレートとは?

カロリー(炭水化物、脂質、タンパク質)に対して、

ビタミン、ミネラルがどれだけ含まれているかを

表したものです。

ビタミンや、ミネラルは体脂肪を燃焼するのにも

重要な栄養素となるので、N/Cレートの高い食べもの

を意識して食べる必要があります。

 

N/Cレートの高い食べものは

まごわやさしい

を覚えておくと良いでしょう。

ま    豆類

ご    ゴマなどの種実類

わ    わかめなど海藻類

や    野菜類

さ    魚など魚介類

し    しいたけなどのキノコ類

い    芋類

加工食品はN/Cレートが低いですよ。

カップ焼きそばなどのインスタント食品や

ハンバーガーなどのジャンクフードは

N/Cレートが低い食品の代表格。

できるだけ自然に近い形の食品を摂取するように心がけたいですね。

 

体験トレーニング受付中です!

お問い合わせ、ご予約はこちら

TEL  03-6811-2545 

ホームページはこちら