腹筋運動は必要ない人が多いですよ。

『腹筋運動を毎日の習慣としてやっているんです』というので、何のためにやっているのかと訪ねると、お腹をへこませたいのと、腰痛には腹筋を鍛えた方がいいと言われたので・・・。

 

とのことでした。

 

施術でお腹を触ってみると、これがまたガチガチになっていて、腸も固くなっている様子。

 

先日、このお客様の太ももを調整したときに、脚が軽くてスッキリと細くなったのでそのときのことをお話ししてみました。

 

『脚も緊張があって固かったけど、調整して柔らかくなったら細くなりましたよね?』

『お腹も同じですよ。』

 

というと、一瞬顔が変わって『お腹も柔らかいほうがいいのですか?』

 

と言ったので、『はいそうです。』と私はすぐに答えました。

 

 

腹筋運動でお腹を鍛えることも必要な場合もありますが、普段姿勢を維持する際に無意識で緊張させていては、ストレスがかかります。

 

ストレスがかかるところというのは、膨張しやすいのです。

 

今、自分の身体で気になっている部分をさわってみると分かると思いますが、痛みがあるか張っているのではないでしょうか。

 

ですから、スッキリさせたいと思ったら、その場所は柔らかくしておくことです。

 

腰痛を解消したいという場合も、無駄な緊張をなくして姿勢維持ができるように、身体を教育していくのですね。

 

腹筋を緊張させているというのは、コルセットを巻いているようなもの。

 

 

一見、安定するからいいのでは?

 

 

と思うかもしれませんが、首のコルセットをイメージしたときに、一生巻いていたらどうでしょうか?

苦しいし、嫌になってくると思いませんか?

 

 

ですから、腹筋に力を入れなくても安定する、背骨の感覚や重心の取り方などを身体に再教育していくと、腰の痛みも解消することが多いですし、お腹もへこんでくるのです。

 

 

まあ、お腹をへこますのは食事の割合も多いので、いくら柔らかくしても食べ過ぎていたら難しいのでそのあたりは理解してくださいね。

 

 

お腹を柔らかくするには、どうしたらよいかということですが、お腹を押してみて痛い部分を中心に、セルフケアをしてください。

 

 

腸もみマッサージのような感覚で、お腹をケアしていきます。

 

 

これは、毎日入念にやります。

腹筋運動を毎日やるよりは楽だと思います。

 

 

それだけに、すぐにやらなくなってしまわないように最優先事項にしてください。

 

あとは、感覚です。

お腹が固い人は、無意識にいつも力を入れてしまっているので、それをやめていきます。

 

これも、最優先事項としていつも意識しておく必要があります。

お腹が柔らかくなれば、血流も良くなり脂肪も落ちやすくなるので、

一度試してみると良いと思いますよ。

 

 

現在、健康ダイエットプログラム12月モニター募集中です。

1ヶ月プログラムはのこり1名さまとなりました。

11/30月曜日まで受け付けておりますので

お早めにお申し込みください。

 

※次回の募集からは通常料金になります。

モニターとしてプログラムを実践できるのは

今回が最後となります。

 

プログラムの募集概要はこちらからご覧下さい

 

ファスティングの様子が気になる方は

こちらの記事をご覧下さい→ファスティングの様子

まずは、カウンセリングを受けていただきます。

※カウンセリングのみ3,000円(プログラム申し込みの際は無料になります。)

カウンセリングの予約はこちらからお申し込みください。

【1週間健康ダイエットプログラム】

カウンセリング(2時間)

体組成計測

野菜摂取の抗酸化力チェック

お肌の状態スキャン

加圧エクササイズ 30分

痩身整体 60分

3名様限定

※カウンセリングのみ3,000円、プログラム開始の場合は無料になります。

まずは、募集概要をご覧ください。

プログラムの募集概要はこちらからご覧下さい
申し込みはこちら

【1ヶ月健康ダイエットプログラム】

カウンセリング(2時間)

体組成計測

野菜摂取の抗酸化力チェック

お肌の状態スキャン

ファスティング中に加圧エクササイズ30分

ファスティング中に痩身整体60分

ファスティング後に

加圧orパーソナルトレーニング60分×8回/週2回

3名様限定

あと1名様

※カウンセリングのみ3,000円、プログラム開始の場合は無料になります。

まずは、募集概要をご覧ください。

プログラムの募集概要はこちらからご覧下さい

申し込みはこちら

※モニタープログラムのため、
アンケート等にご協力頂きます。
ご了承ください。